link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

祝 「金色の翼」 スクエアコラボ企画                 十津川警部シリーズ 『陸中海岸 殺意の旅』

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
00:52 | 高杉氏 | edit | page top↑

ココさまに捧ぐ。のうた

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
01:04 | 槐コレクション | edit | page top↑

ニセアカシアの杜


こちらには梅雨というものがありません。
一応、蝦夷梅雨と言って、少し雨の多い時期はありますが、
きっと、全国的な『梅雨』とは全く異なるものだと思います。

ここ数日も夜に降るか、日中降っても少量のみ。
先日の昼も雷がゴロゴロしていましたが、まるでスコールのように
一瞬ザーッと降って、それで終わりでした。
気候的には、これからが一番良い時期になります。
(夏が好きな自分にとっては、なのかな?)


一週間程前から、夜、家に帰ると、駐車場から玄関までのあいだ、
花の香りが漂い始めました。
どうやらニセアカシアの季節になったようです。
比較的、我が家の周りには多い樹なのですが、今年はスゴイ。
2~3本でこんなには匂わないよなーと思っていたら・・・。
発見しました。うちの裏に大量のニセアカシアの樹を。
しかも、大満開。あー、これならと納得。

20070623081003.jpg

この写真だけ見ると、あんたのとこは山か?森か?
と、思われるかもしれませんが、普通に住宅街なんですよ。
どなたかの土地なのでしょうけど、ここ一画だけ森。
あとは周り、家、家、家。
確かにちょっと小高い場所ではありますが、
一応、国道から徒歩5分くらいだし。
(不動産屋さん表記ではなく、実際にね)


20070623081015.jpg

裏に樹が沢山あるのも、ニセアカシアがあるのも知っていましたが、
まさかこんなにいっぱいだとは思いませんでした。
今年はいつもの年より暖かいので、花の咲き具合も違うのかもしれません。


20070623081028.jpg

ちなみに、アカシアはエンジュ(槐)とも呼ばれ、
ニセアカシアは針エンジュ(針槐)と呼ばれるそうです。(刺があるので)
これが『(針)槐』だったとは・・・。
では、今漂っている香りは、槐の匂い?
にゃははは~。

金木犀や沈丁花もこんな感じで香って、季節を告げてくれるのでしょうかね。

18:34 | その他 | comments (6) | edit | page top↑

キスの手前

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
01:56 | 槐コレクション | edit | page top↑

愛しの肉球


えー、肉球好きです。

肉球柄の物を集めるという程ではありませんが、
目にすると、ニヤニヤしちゃいます。

どれも魅力的だけれど、特ににゃんこの肉球に弱いですね。
あの形、ぷにぷに感、かわいいったらありゃしない。
「触ってもいいよ♪」というにゃんがいたら、間違いなく触ってしまいます。

-で、我が家にもにゃんがいるのですが、これがちょっと違う・・・。

長毛種の為なのか、肉球の間からも毛がわしゃわしゃ生えていて、
触れてもなかなか肉球にたどりつきません。

こんな感じなのですが・・・。
20070616134438.jpg
これじゃ、全くわかりませんでしょ。


アップにしても、まだ見えない。
20070616134450.jpg


ちょっと毛をよけてみました。
20070616134500.jpg


やっと見えたー!
20070616134512.jpg


他の長毛にゃんもそうなのでしょうか?
うちだけ?
前にいたのは短毛だったので、バッチリだったんですけどねー。
ついつい、探しているうちに、ニュッと爪を出して遊んだりしてしまいます。
ごめん、じーちゃん。

ちなみに、わんも隙間から毛が。
20070616134521.jpg20070616134530.jpg
   前足                  後ろ足

わんのは大きくて分かり易いのだけど、ちょっと硬いのよね。

14:05 | 同居人 | comments (7) | edit | page top↑

槐たんストーカー。のうた

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
00:16 | 槐コレクション | edit | page top↑

ベランダ夏の陣

いよいよこちらも暑くなり、半袖で過ごす日々になってきました。
夏が大好きな私としては嬉しいかぎりなのですが、困ったこともひとつ。

それは スズメバチ です。

どうもうちのベランダはスズメバチの通勤コースになっているらしく、
毎日、朝晩、必ず通っていきます。

出勤はAM8:00前後。
この時間に洗濯物を干すのは危険です。
休日しかベランダには干しませんが、遅い時間になってしまいます。
(朝寝坊したい為の言い訳か)

退社はPM4:00~5:00頃。
やっぱり休日だけですが、ベランダでバーベキューなんかしていると、
「おっ、一杯ひっかけていこうか」てな感じで、寄り道していきます。
いつだったかは、母のビールが取られたことも・・・。

端っこの方にトラップも作って置いてあるのですが、
お肉の匂いとかがすると、寄ってきてしまうんでしょうかねぇ。
ちなみにこのトラップ、専門の人が使っているものを新聞で読んで、
同じように作っています。
酒・酢・砂糖を混ぜ合わせたものをペットボトルに入れてフタをし、
本体の上の方に小さい窓をくり抜き、入口を作るというもの。
入口は切り取ってしまわないで、入ったハチが出られないようにします。
ペットボトルの下1/3ぐらいに液体があり、美味い、美味いとチューチュー飲んで、帰ろうと思ったら、「あっ!出られないぜ!」という仕組みですね。
あとは溺死・・・。

これがよく捕れるんですわ。
ハチ以外も入りますけど、ひと夏に2Lのペットボトル2~3本は使います。
だいぶ効果はありますが、それでもやっぱり通っていくハチは、いなくはなりません。
結局は自分で気をつけるしかないんですよね。

スズメバチって・・・勤勉(怒)。

17:02 | その他 | comments (0) | edit | page top↑

ごまさまに捧ぐ。のうた

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
13:46 | 槐コレクション | edit | page top↑

槐たんやっぱり嫉妬する。のうた

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
00:01 | 槐コレクション | edit | page top↑

漫画と私 主婦編

主婦になってからも、『ぶ~け』、『別マ』、『フィールヤング』、読み続けていました。
『フィールヤング』は、好きな連載(桜沢エリカさんだったと思う)が終わった時にやめましたけど、残り2冊はしばらくそのまま。
数年後、『別マ』も、とうとう内容(若さ)についていけなくなった自分を感じ、終わりにしました。いくつの時だったんだろ(笑)。
この頃のマイフェイバリットは、

『永遠の野原』 逢坂みえこさん
20070601232702.jpg

『おいしい関係』 槇村さとるさん
20070601232715.jpg


そんな折、買い物帰りにふと目にしたのが『ガラスの仮面』の文庫版。
「あら~、コレ好きだったわ。途中から読んでいないのよねー。どれどれ・・・」なんて手にしたのが、大復活の始まり。
一気に心は少女の頃へ(心はですよ、心は)。
その時点で発売されていた分(文庫)じゃ我慢できず、続きをコミックスで購入する為、大きな書店へ。一人じゃ持ちきれなくて、とのにも半分持ってもらって夢の(?)大人買い。

20070601232728.jpg

と、ところが、なんてこったい。

「まだ、終わってないぢゃないのー!」

さすがに『花とゆめ』までは読んでいませんが、
これ、いつ終わるのでしょう・・・?
もう終わらないのかな。でも、紅天女はマヤだよね?

何となく不完全燃焼気味になった私は、他のをモクモクと読みふけることに。
『エースをねらえ!』…桂大悟さん編、読んでいませんでした。
『Swan-白鳥』…真澄ちゃんがモダンに行ったの知りませんでした。
『悪魔の花嫁』…これで終わりなの?これが最終回なの?
『7つの黄金郷』…えっ、これは途中で終了?
20070601232748.jpg

でも、おもしろーい♪漫画サイコー!!!

どんどん昔懐かしのが復活しているのを知り(それまで知らなかった)、
気になっていた作品の続きが次々と読めるなんて、こんな嬉しいことはないわー♪と大喜び。

で、大方、懐かしいのを読破した後は、店頭で面白そうなもの(自分の好きそうなもの)を見つけたら読む、というパターンに。
今は、ほとんどそんな感じですね。
そうして今、嵌っているのが、

『百鬼夜行抄』 今 市子さん
20070601232805.jpg

『秘密』 清水玲子さん
20070601233123.jpg

2作品とも、まだ連載中で、『百鬼夜行抄』は1年に1回くらい、
『秘密』なんて、この前4年ぶりにやっと新刊が。
でもね、連載雑誌は買いません。
いい子にして待つようになりました(笑)。


これは余談ですが、私には3つ下の弟がいます。
今は地方に離れて住んでいますが、その弟の所為で読むようになってしまったものがあります。
1つは『はじめの一歩』。
彼が実家に置いていった本の中に、コレがありました。しかも1~10巻だけ。何気なく読んでしまった姉は、続きが気になってしょうがない。
今では78冊もうちの本棚に並ぶことに・・・。
20070601233135.jpg

もう1つは『バガボンド』。
お正月に帰ってきた時に、彼が読んでいました。
姉は、やっぱりそれも読んでしまった。
続きが気になるぢゃないかー。
弟が持ち帰ってしまった6巻以降のものが、やっぱりうちの本棚に。
20070601233145.jpg

おまけに2つとも、連載中。
誰か、止めてくれ・・・。


話は雑誌まで戻ります。
最後まで読んでいた『ぶ~け』。これは廃刊になってしまいました。
これで、漫画雑誌ともお別れ・・・。
なんて事はなく、その少し前に創刊された『コーラス』が追加されていました。
実は、いまだに『コーラス』読んでいます。
おまけにこれも友人の『Kiss』と交換して。
『Kiss』は隔週発売なので、やっぱり私だけ倍の量をもらってくるのですが、「もうそろそろやめようかなー」なんて思い、それとなく友人に連絡をとったところ、「まだ全部読んでない(Kiss)から待っててね」との答えが。
やめる気はなさそう・・・。
もう、私一人の意思では決められないのです(笑)。
(なんて言ってるけど、一条ゆかりさんの『プライド』が最後まで読みたいだけだったりして)。
いったい、いつまで続くことでしょう、子供の頃から続く交換読み。

好きなものは、いくつになっても終わりはないのよね。

01:42 | 趣味 | comments (10) | edit | page top↑

漫画と私 独身編

もの心ついた時から、漫画が好きでした。
小学生の頃は、本気で「漫画家になりたい」などと思ったりした事も。
現実はそんなに甘いものではない、という事も学びましたけど。
そんなに好きだったのに、なぜかパッタリと記憶のない時期が・・・。
全く読まなかったという事はないと思うのですけどね。
再び漫画熱がメラメラと燃え上がったのは、『ガラスの仮面』の文庫を見つけたのがきっかけでした。

今回は、漫画と私のあゆみを語りたいと思います。
とっても前の記憶からなので、時系列他間違いがありましたらごめんなさい。


初めて買ったのは、週刊マーガレット。
電車で1時間ちょっとかかる、祖母の家へ行く時、親に買ってもらったのが
最初だったと記憶。まだ子供なので、自分で買うなんて出来るはずもなく、
もちろんその後、親も買ってくれる事などなく、1冊のみでおしまい。
なのになんで週刊ものを選んでしまったんだ?
続きは気にならなかったんだろうか。

次に手にしたのは『なかよし』と『りぼん』。
近所のお友達と毎月交互に買って、読みっこしていました。
付録がね、楽しみのひとつなんですけど、次号予告を見て「いーなー」と思っても、次は違うほう。でもどっちかにかたよるのもイヤで(だから交互)、子供ながらにジレンマに陥ってましたね。

この頃は、市内の祖母の家に遊びに行くと、いとこのお兄ちゃんが『少年ジャンプ』とか『少年マガジン』を読んでいて、とぎれとぎれに少年ものも読んでいました。
『うしろの百太郎』がリアルタイムでしたわ。
ははは。年がわかりますねー。
じゃあついでだから『なかよし』も。
『キャンディ・キャンディ』が連載中でした。

小学校も高学年くらいになると、クラスの友達みんなで違う本を買い、
何人もの人数でまわし読みしていました。
種類の多さでいうと1番でしたねー。
なかよし、りぼんの他、マーガレット、少女フレンド、少女コミック、
プリンセス、花とゆめ、etc…。週刊も月刊も全て読んでいたような・・・。
私の担当(?)は『mimi』。吉田まゆみさんなどが連載されていました。
小学生なのに『mimi』って。でもね、今ほど種類も多くなかったですし、
もうそれぐらいしかなかったんですよ。

好きだった作品は、『Swan-白鳥』、『ガラスの仮面』、『エースをねらえ!』、『ベルサイユのばら』、『悪魔の花嫁』、『砂の城』、『超少女明日香』など。
おもいっきり定番ですねー(笑)。
他にもあるんですけどね、キリがなくなりそうなので。
くらもちふさこさんや塩森恵子さんも好きでしたわー。

小学校を卒業したあたりから、記憶が曖昧に。
立ち読み程度になってしまったんだと思います(本屋さんごめんなさい)。
とは言っても、それまで読んでいた雑誌全てなんてムリムリ。
で、ほとんどの作品が、途中のまま・・・。

それからしばらくは、多分(笑)、本屋さんで読むか、よく行く珈琲屋さんに置いてあった少年誌を、行ったら読むというぐらい。
少年誌では、『バリバリ伝説』や『あいつとララバイ』などを読んでいたと思います。あ、『北斗の拳』もその頃だったかな。

その後、たまたま友人宅にあった『ぶ~け』を読んで少し復活。
『別冊マーガレット』とともに、再び雑誌を購入して連載を読む日々が帰ってまいりました(笑)。
吉野朔実さん、いくえみ綾さん、紡木たくさん等、好んで読んでいましたね。

このころのマイフェイバリットは、吉野朔実さんの『少年は荒野をめざす』。
20070601232637.jpg
いつか自分に男の子が生まれたら「陸」という名前にしようと思っていた程でした。ははははは。

お勤めするようになってからは、この2冊に加え『フィールヤング』、
『ビックコミックスピリッツ』も。
『ビックコミックスピリッツ』は、これまた友人の『モーニング』、
『ヤングジャンプ』とまわし読み状態で、数ヶ月分がたまると交換に。
私だけ倍の量をいただいてくるので、ちょっと申し訳なくも思い、『ぶ~け』とか『別マ』も読む?と聞くと、「いらない」と、あっさり断られました。
そりゃそうだわ。その友人とは先輩S氏。
男の人は『別マ』は読まないでしょうね(笑)。
『コージ苑』や『いまどきのこども』好きでした。

ここまで振り返ってみて・・・。
一時期読まなくなったような気がしていたんだけど、結構読んでるじゃんね。


明日につづく。

00:52 | 趣味 | comments (2) | edit | page top↑

槐の性(さが) 第二部の巻

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
00:10 | 槐コレクション | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。