link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

雪あかりの路


昨日、「雪あかりの路」というイベントに行ってきました。
雪とキャンドルの灯りだけで「静」を楽しむというのが原点で、
今年のテーマは「地上のホシゾラ」。
もう、10回目を迎えるというのに、初めて足を運んだ地元民です(汗)。

このイベントは、市内一円あらゆる所に会場がある他、町内や商店街、
各家庭の庭や玄関先など、街全体で見られます。

会場の作成、ろうそくの管理等は、全てボランティアの方々によるもので、
最近は韓国人のボランティアチームもあるそうです。
コンサートやフォトコンテスト他、いろんなイベントも盛りだくさん。
「札幌雪まつり」と一部期間が重なるので、ツアーで来る方も多く、
それを避けて昨日行ったのですが・・・。


yukiakari001.jpg
メイン会場の運河。
人人人で散策路が埋まってます。

yukiakari002.jpg
この波に入ったら抜けられそうにないので、入り口で止めました。
↑ コレ、腕を上に伸ばして撮りました。
運河に浮き玉がいっぱい浮かんでいるの、わかりますかね?

ということで、もうひとつのメイン会場へ。

yukiakari003.jpg
ここは、鉄道の廃線跡地です。
しかし、やっぱり人人人。
とても全部を見る気力も体力もなかったので、一部だけ。

yukiakari004.jpgyukiakari005.jpg
押し花がついているのは、何時間もかけて作られるワックスボウル。
制作体験会場もあります。


道路を挟んだ反対側も。

yukiakari006.jpg
大きな氷柱キャンドルが入り口に。

yukiakari007.jpg
「スノートンネル」

yukiakari008.jpg
「あかりの回廊」
ワックスボウルがいっぱい下がっています。

yukiakari009.jpg
その奥には「アイス・バー」が。氷の建物(?)です。
ホットワインやホットビールというメニューもありました。
ホ、ホットビール?飲んだという知り合い曰く、
「寒くても冷たいビールにすれば良かった」とのこと(笑)。

yukiakari010.jpgyukiakari011.jpg
基本のスノーキャンドル。
バケツで作ったり、雪玉を積んで。
これの氷バージョン・アイスキャンドルもあります。
一般家庭や店先などにあるのは、お手軽に作れるこのような物が多いです。専用ロウソクもコンビニや商店で手軽に入手出来ます。


あまりの人の多さに、これだけ撮るのが精一杯。
ヘトヘトになって早々に退散、母とご飯を食べに行ってしまいました(^^;)

yukiakari012.jpg
「小海老のトマトソース」美味しかったー♪
でも、メイン会場近くのお店だったため、ここも人がいっぱい。
コソッと1枚撮りました(別に撮らなくてもいーんですけどね)


なんだか人込みに負けてグダグダになってしまいましたが、
他にも沢山素敵なモニュメントなどがあったようです。
私のは、ほんのほんの、ほーんの一部。
しかも、良さがあまり伝わってないような・・・(汗)。
今年は今日で終了ですが、公式ガイドマップもありますので、
機会がありましたら是非一度、巡ってみてくださいませ。


16:12 | その他 | comments (0) | edit | page top↑
お道具マニア Vol.11 | top | St.VDに槐を想ってみる

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。