link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

完結したけれど


今月は奇数月なので、お待ちかねの『輝夜姫』入手してまいりました。


kaguyahime14.jpg


続き♪続き♪とワクワクしながら、ふと14巻を見ると・・・
帯に「涙の全14巻完結!!」との文字が。

あ"ー!忘れてたー!!
14巻で終わりだったんだわ~。

結末がわかる嬉しさと、終わってしまう淋しさが・・・。
どっちかっていうと、結末わかんなくてもいいから終わらない方が好き。
でもそれは、ずーっと続いている場合でありまして、
『ガラスの仮面』のように放置プレイはいただけません(笑)。
これだけはお願いだから終わらせて欲しいぞー(ムリのようですけどね)。



で、『輝夜姫』のラスト。

う~~~ん?

終わりの方は、なんだか壮大になっていって、
「ほぇ~」と思いながら読み進んでいったのですが・・・
そうかー、こーいう展開で終わるのか。

う~~~ん・・・。

あのが、あっさりあーいう形で?(結局は違ったんでしょうけど)
だけ年とってなかったの?
いや、それはが来たから若返ったのか・・・。
子供はどーなったん?
それよりって月の人(かぐや姫)だったの?
だって中国の『李 玉鈴』のクローンなんだから、
じゃ、玉鈴もかぐや姫だったの?
それとも神淵島で何かされたんだっけ?
それにしてはと能力が違いすぎるし・・・あっ、逆かぐや姫?

と、ここまで「?」ばっかり書いてきましたが、私の読解力が悪いだけなんだと思うの。すでに最初の方、忘れてるし(汗)。
どうしても次へ次へと読み急いじゃうので、ちゃんと読んでいないのでしょうね。もう1回、1巻から読み直さなくては・・・だわ。

なんかね、ちょっとだけ放心状態で、すぐ読み直す気にならなかったんだけど、そろそろ半月経つし(← 半月も放心してたのかいっ)、また最初から読み始めることにします。

今現在の1番心に残っていること、それは・・・

『高力士』さん、かわいそう(涙)。


22:14 | 趣味 | comments (8) | edit | page top↑
仕事の風景 08.05.28 その1 | top | ものまね槐画 その7

Comments

# ガラスの仮面
相変わらず、借りて読んだだけなのですが、現在放置プレイ中なのでしか?

チケット情報みたいなので、蜷川幸雄演出の舞台化を知りました。
月影先生が夏木マリ氏、桜小路クンがウエンツ瑛士氏で、マヤと亜弓さんはオーディション中だとか。紫のバラの人は誰?

ずれた話題でごめんちゃい~。
by: ココ | 2008/05/28 09:15 | URL [編集] | page top↑
# ちょーちょー
なんだか・・途中が一番盛り上がってましたよねー・・・
終わり方って難しいですねっ。
『秘密』も・・どうなるんでしょうねぇ? ちと心配。

>子供はどーなったん?
できなかったのかなぁ(由と晶のですよね?)

>晶って月の人(かぐや姫)だったの?
う~~ん 違うと思いまし。

>それとも神淵島で何かされたんだっけ?
うん・・何かされてましたわ。
理由は忘れちゃったんですが(笑)、かぐや姫のしるしを背中に付けられたような記憶が・・・ 四葉のクローバーみたいな・・ 違ったかにゃ~ あはは~

>『高力士』さん、かわいそう(涙)
あい・・かわいちょー(涙)

きつねも・・一巻から、巻き戻そうかにゃ~(笑)


と、ところで・・『ガラスの仮面』って終わらないんですかっっっ???
文庫版23巻まで持ってるんですが(汗)
by: まちゃ | 2008/05/28 21:22 | URL [編集] | page top↑
# ココさま
うん・・・そうなんでし。
もう5年くらい放置されてる気がします・・・(笑)

おぉ、月影先生が夏木マリ氏ですか。
似合いそう~。
以前TV版でちらっと見たのは、マヤが安達祐美ちゃんで、月影先生が野際陽子さん、そして紫のバラの人は田辺誠一さんだったような・・・。

やっぱり1番気になるのは、紫のバラの人なのよね~。
by: うにゃ | 2008/05/28 23:29 | URL [編集] | page top↑
# まちゃさま
>『秘密』も・・どうなるんでしょうねぇ? ちと心配。

うひゃ~、それ考えてなかったわ(笑)。
でもホント、終わり方って難しいですねぇ。
今まで清水さんの作品で思ったことなかったんですけど・・・
今回ばかりは、う~~~ん・・・なんですわー。
じゃどんな?っていうものもないんですけどね。
やっぱりも1回、1巻から巻き戻しせよ!ですわん(笑)。

>できなかったのかなぁ(由と晶のですよね?)

うんうん。ミラーさんとの子だったの?それとも実在しなかったの?


『ガラスの仮面』…わたくしの所にはコミックスで42巻まであるんですが、真澄さんがマヤと桜小路くんにムチャムチャ嫉妬しているところで終わってます。
でも、この続き「花とゆめ」で読んだのよね(立ち読み・爆)
それすらもコミックスになっていないのよ・・・。
ユエさまも、完結は難しいと思うって言ってたし・・・。
by: うにゃ | 2008/05/28 23:46 | URL [編集] | page top↑
# えぇっ!?
うにゃさま、「ガラスの仮面」42巻までお持ちなんです槐!?
ごま、うにゃさまのお宅にお伺いしても、一切お話せずマンガを読みふけりそぅでし(  ̄(エ) ̄;A 
『妄想部温泉ツアーin北海道』改め『妄想部読書ツアーin北海道』だったりして(  ̄(エ) ̄;A 

そぃにしても、『輝夜姫』・・・の最終槐ってどんなだったかしら?(←きれいさっぱり忘れたヤツ)
もぅ一回読み返そう槐な?
この前、『月の子』を読み返したんですが、ラストって・・・あっ、ちょーちょー思い出しましたわ(  ̄(エ) ̄;A 
何か、清水さんの作品は途中とっても面白くて引き込まれるんですが、ラストはどーも忘れちゃうんですよねぇ~~。
あほな犬でし(o>ェ<)Uゝ
by: ごまきち | 2008/05/29 20:31 | URL [編集] | page top↑
# 最終巻だけ・・・
巻き戻してみました(笑)
お子ちゃま・・生まれてたんですね(汗)すっかり忘れてましたわ、ごめんなちゃい。m(__)m
子供が生まれても由の子かもって、ミラーが脅されているところしか覚えてませんでした。
あれは・・由の子っぽいですね。

改めて読み返すと、結婚式から先の世界が、ミラーの妄想なのか真実かなのか、微妙な感じですが・・
すべて現実で・・晶の罪が浄化されたから由が迎えに来て・・そこで晶も若返った。
なーんて・・如何でそ??
by: まちゃ | 2008/05/30 00:45 | URL [編集] | page top↑
# ごまさま2
はいー。42巻まであります(^^;)

文庫で14巻まであって、その後の発売が待ちきれずに、続きをコミックス大人買いしてしまったヤツでし。
なのに終わらないなんて・・・○| ̄|_ガクッ。

>『妄想部温泉ツアーin北海道』改め『妄想部読書ツアーin北海道』だったりして(  ̄(エ) ̄;A 

ふふふ。我が家の通称マンガ部屋にこもって下さいまし。
わたくし…マンガ読みふける人を止めることはしませんわよ。

『月の子』のラストって、どんなんでしたっけね?
もぉ~、読み返しちゃうぢゃないですかー(笑)
by: うにゃ | 2008/05/31 12:36 | URL [編集] | page top↑
# まちゃさま
うふふふ。巻き戻しされましたんですね。
(私もごまさまの一言で、『月の子』巻き戻しそうだわ)

>お子ちゃま・・生まれてたんですね(汗)

あい、そうなんでし。
でもラストのラストには出てこないから、あれ?と思って…。
一緒に連れて行かないから、ミラーの子?それともミラーの妄想?と思ったんですよ。
ホント、結婚式から先の世界が謎なんでし。
やっぱり1巻から巻き戻しで、じっくり読まないと分からないかも?

>すべて現実で・・晶の罪が浄化されたから由が迎えに来て・・そこで晶も若返った。

私も結局はそーなんだと思いますです。
も~、伏線多杉で、頭の中ごっちゃごちゃですわー(笑)
by: うにゃ | 2008/05/31 12:44 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。