link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

読書スイッチ


歳のせいか、目のせいか、最近小説を読むことが少なくなりました。
生活環境が変わったのもあるかもしれません。
以前は年間コンスタントに読んでいたと思うのですが、この頃は新刊を買ってきてもず~っと置いたまんまだったり、読み始めたものの途中で止まったままなんてことも。そのうち新刊チェックもしなくなり、気付いたらシリーズ物がいつの間にやら出ていて慌てて買いに行く始末。発売日から何ヶ月も過ぎて購入などという事はなかった頃がウソのようです。

そんな私ですが、スイッチが入ると突然読み耽ります。
毎晩何日も読み続けます。(就寝前なので進む頁にバラつきはあれど)

只今スイッチオン状態になったので、本屋さんへ行ってきました。


巷説
『前巷説百物語』と『邪魅の雫』

京極夏彦さんの本は以前にもご紹介しましたが、とても厚いです。
いえ、面白いです(笑)。
又市さんが活躍する、巷説百物語シリーズ。
京極堂こと中禅寺秋彦さんが渋い、百鬼夜行シリーズ。
お話はもちろん、どちらも魅力的なキャラがいっぱいです。

とても厚いというのは本当で、横になって読む私は時おり手が攣りそうになることが。いや、そもそも寝ながら読むというのに無理があるのでしょうが。

邪魅
ね、厚いでしょ。
文庫本とは思えないでしょ。
これは1,330頁。
定規で測ってみたら5cmありました。

分冊文庫版という何冊かに分かれて薄いタイプのもあるんですけど、このカバーは厚い方だけなのでこちらを選んでしまいます。

只今読んでいるのはコチラ。
徒然
『百器徒然袋-風』

百鬼夜行シリーズのスピンオフというのでしょうか。
京極堂の友人で探偵の榎木津礼二郎が主役です。
この榎木津さん、ワタクシとっても好きなお方でして、面白いのです。
マンガを読んでいて笑うことは多々ありますが、小説を読んでいて声を出して笑ったのは滅多にないかも。それくらい破天荒なオレさまぶりが魅力的です。

実はコレ、発売されたの結構前なんです。
面白くて続きが読みたいと思うのに、スイッチオフのせいで途中で止まっていました。オンになってからは早かったです。あと50頁くらいで終了。
いつも読み終わると淋しい気持ちになるのですが、今回は又市さんや京極堂さんが控えていらっしゃいます。つーか榎木津さんもいる。
溜めるのも悪くないかも?

いやいや今回思ったのは、「マンガも含めて新刊チェックだけはしよう」ということ。
あまりにもまとめて購入すると結構な金額になるのです。
『邪魅の雫』は文庫本とはいえ1,400円。
漫画だって大型本だとそれなり。漫画文庫もしかり。
先日なんてバラバラにいろんなの買ったのにまるで大人買いのように。
(こういうのも大人買いって言うのでしょうか?)
とにかく、お財布には痛ーい。
とりあえずオフモードでも、その時は読まなくても、新刊だけはチェックしておこうと決めたワタクシでした。
ちなみに『ガラスの仮面』の44巻、発売日から半年後に気付きました。




19:06 | 趣味 | comments (0) | edit | page top↑
餡モノは… | top | マチルダ

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。