link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

紫陽花の色


時期的には終わり頃と思われる紫陽花ですが、ところどころまだ満開っぽく咲いているのがあります。
ちょうどお伺いしたお宅のがキレイだったので撮らせていただきました。


ajisai001.jpg

濃いピンクと濃い紫。
写真だとそうでもないけれど、目視だと結構濃い紫。

今年はよくこの色を見かけます。
流行なのかしら?
と思ったら。。。
お宅の方のお話によると、この株、昨年までは全部ピンク色だったのが、今年半分だけ紫になってしまったそう。
土の関係みたいよと仰ってました。

今年のお蝦夷は春から変な天気。
夏も今までに無いほど湿気が多いし、夕方になっても涼しくなるどころかますます暑い。
気候の変化も影響しているのでしょう。
あちこちで見かけた濃い紫の花は、流行なのではなく、勝手になっちゃったというところなのね。


ajisai002.jpg


ところで土のコト。
土が酸性かアルカリ性かで紫陽花の花の色が変わるというのは、むかーしサスペンスドラマだったか漫画だったかの、庭に死体を埋めたけれどそこに紫陽花があり、花の色が変わってバレてしまうという話で知りました。
それ以来紫陽花を見るたび、ここの土は酸性ねとかアルカリ性?なんて気になるようになったりして。
でもここ最近1株で両方の色が咲いているのをよく見かけるようになって、これはどういうことなんだ?と疑問に思っておりました。
こちらのお宅のも1株で2色だし。

・・・中性?

違うよね。ははは。




21:29 | その他 | comments (0) | edit | page top↑
私的エクレア考 | top | S君のお土産

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。