link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ご当地グルメ


最近、小樽のご当地グルメ「あんかけ焼きそば」というのを知り、なんで「あんかけ焼きそば」なんだろう?と気になっていたところ、こちらの記事を発見。


 「小樽のあんかけ焼そばを全国にアピール」。1月7日(金)、市内の中華料理店やラーメン店など9店舗が集まり、「小樽あんかけ焼そばPR委員会」(高田裕章会長・新日本海物産)が発足した。

 「ラーメン専門店やホテル、一般食堂、喫茶店で、あんかけ焼そばは群を抜く人気メニューとなっている。小樽ブランドとして、地元をはじめ観光客の皆様に多く食べて頂きたい」と、高田会長が北海道中華料理師会小樽支部加盟店に呼びかけ、昨年夏頃から委員会発足の準備を進めてきた。

 あんかけ焼そばは、そばの上にイカ、エビ、白菜などの具が入った五目あんをたっぷりかける。店によってあんのトロミや具が違い、それぞれの特色があり、食べ比べすると面白い。

 同委員会によると、小樽のあんかけ焼そばは、昭和30年代に小樽駅前の静屋通りにあった「中華料理 梅月」がメニュー化したことが始まりという。中心街で買い物をした市民が、「梅月」で五目あんかけ焼きそばを食べることが流行。これが、市内のラーメン専 門店や一般食堂でのメニュー化に広がった。


(小樽ジャーナルより抜粋)


今まで、あるのが普通に思っていた「あんかけ焼きそば」ですが、もしかしてコレって小樽が特別多かったのでしょうか?
当たり前のコトぢゃなかった!?
驚きです。

上の記事にある発祥のお店「中華料理 梅月」。
こちらは、何度も登場している「華舟」さんのご主人、鈴木さんが修行したお店であります。ということは「華舟」さんもPR委員会のメンバーに違いないと思ったら・・・


ankake001.jpg

ふふふっ。目印(?)の旗、ありました。
おまけにっ!
「今日、鈴木さんTVに出るんだよ~♪」と笑いながら奥様が。
ほぇ~!それは見なくちゃあ!

夕方のニュース番組で「小樽あんかけ焼そばPR委員会」が紹介されており、そこに登場。もうね、うにゃ家ったら中華鍋であんを炒めてるのが映っただけで分かりましたとも。
おまけに私は今日のお昼に食べてきたばっかりだし。(笑)
偶然なんだけど、今日行ってきて良かった~。
きっと明日、いや今晩から混み混みなことでしょう。

そんな「華舟」さんの「ヤキソバ」はこちら。

ankake002.jpg
イカ、エビ、豚肉、うずらの卵、そしてたっぷりの野菜に醤油味のあんが絡まって・・・旨いのです~。


さらに・・・

『小樽AKY48プロジェクト』

という「あんかけ焼きそば」の応援ブログが立ち上がったそうです。
市内の「あんかけ焼きそば」を食べられるお店が沢山紹介されています。こちらを参考に食べ比べてみるのも楽しいかもしれませんね。




22:38 | | comments (0) | edit | page top↑
雪あかりの路 2011 | top | 天狗山スキー場

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。