link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

鴨まつり


寒いのはキライですが、この時期になると楽しみにしていることのひとつに、
『鴨』があります。鴨猟の解禁が10月。

先輩S氏の父上が猟をするかたで、毎年鴨をごちそうになります。
青首と呼ばれる野生の鴨は、ワイルドな味で、まさにジビエ。
これを食べると、合鴨が物足りなく感じてしまう程。

父上、最近は体調があまり良くないようで、今年は無理かなと思っていました。ところが昨日、先輩S氏から鴨GETの連絡が来ました。
やたー♪やたー♪


kamo 001
これが、その鴨です。大きいの1羽と小さいの3羽。

いつもは先輩S氏が内臓を抜いてくれて、私が毛をむしる係りなのですが、
今回は、その日獲りたてというのと、時間の関係で、内臓は抜かず、
とのと3人で作業(一人ぢゃなくて、ちょっとウレシイ)。

先輩S氏は、事務機器屋さんですが、昔からやっているのでとても上手。
とのは・・・途中で放棄して、頼まれた買出しに行ってしまいました(笑)。
うちの仕事場で剥くのですが、毎年のことなので、わんにゃんもすっかり慣れたもので、見向きもしません。
初めてのときはクンクン寄って来てたのにね。


kamo 002
毛が剥けた状態。

で、調理は、私の師匠の担当です。(以下、師匠Y氏)
この状態にしたものを、師匠Y氏のお店に届け、車を置いて出直します。


kamo 003
師匠Y氏のお店です。
横の階段を上がった所に、隠れ家のように存在。
今回は師匠Y氏のお店の紹介も兼ねて、鴨料理もご紹介します。
師匠Y氏はもともとはホテル勤務の、バリバリの西洋料理のエリート。
いろいろなお店を経た後、美味しい素材を美味しく提供するため、
ジャンルにこだわらない自分のお店を始めました。


kamo 004
再びお店に行くと、すっかり捌かれた鴨が・・・じゅる。

kamo 005
まずは、お約束のビールを注いでもらい、ワクワクと待ちます。
店内は、カウンターの他にテーブル席が2つあります。

kamo 006
写真撮るの忘れて、箸付けちゃいました(汗)。
その日獲りたてのフレッシュなものなので、内臓も生でO.K.
右から、心臓、レバー、砂肝。

kamo 007
途中、違う料理も出てきます。
タコ、ホタテ、ボタンエビのお刺身。
ホタテは活ホタテで、繊維が分かる生きの良さ。

kamo 008
パルマ産 プロシュート。
いつもあるわけぢゃないのに、高打率で食べられる幸せ者の私です。

kamo 009
お待ちかねの、鴨のロースト。
フレッシュフォアグラのバルサミコソースが添えられていました。
もちろん鴨も美味しいですが、フォアグラも美味しいー♪
お酒も赤ワインに。好みを知っているので、渋々が出てきます。

kamo 010
エビとパプリカのバジル風味。
大きなエビがゴロンゴロン入ってました。
これは白ワインで。これまたスッキリ辛口で美味しいのが(^^)

kamo 011
〆は鴨南蛮のつけ麺仕立て。
鴨のガラで取ったダシが、とても上品に仕上げてありました。
これは先輩S氏のリクエスト。


今年も美味しく鴨を食べることが出来て、ありがたき幸せ。
先輩S氏と父上に感謝。


23:20 | | comments (2) | edit | page top↑
お道具マニア Vol.7 | top | お坊さまのこと

Comments

# うにゃさま、
す、すげ~わ~!!
ジュ、ジュルルルルルルルル~…。

こ、これぞ、ジビエ~。

山の幸も海の幸も凄いけど、こんなものまで…!

フォアグラって、絞めた鴨のフォアグラです槐?ブロイラーにしなくても、フォアグラなんですのね。

も、もう、上からうお~、うお~の連続でございます。(内臓は食べたことナイゾー…。って、一般的には合鴨しか出回ってないんですよね。しかも合鴨って、実はあひる???)

本当にうにゃさまが羨ましい。
な、なんか、人生すっごく豊かな気が致しますわ。

お刺身も、生ハムも、フォアグラも、えびパプリカも鉄ヲ大好物だから、ひっくり返って昇天いたしますわ。世の中にこんな世界があったのかー、鼻血ぶー、みたいな。(こんなぜーたく教えたらダメね。)

ところでS氏のお父上って、不破じいみたいなお方?
鹿とかウサギとかも食べてみたいなー。
by: ココ | 2007/10/21 06:08 | URL [編集] | page top↑
# はいー。
これだけは売ってないので、S氏の父上だけが頼りですの。
元気で長生きして欲しいです。
不破じい(ぷぷぷ)とは、似てないと思うけど・・・。
髪フサフサだからかな?

鹿も美味しいです。鹿のときは、ブロックというか塊でいただくので、
羽をむしる苦労はありません(笑)。
鹿は他にもルートがあって、とっても沢山いただいた年がありました。
ウサギとウズラが食べた事ないので、是非とも食してみ隊です~。

フォアグラは普通に仕入れたものです。
ブロイラーにしないとなかなかあんなに大きいのは・・・ねっ。
でも、フレッシュで仕入れ出来るらしいの。
頼んだら取って貰えますわよ。

鉄ヲさま、なんて肥えたお口でいらっしゃいますのん。
そうよ、こんなぜーたく教えたらダメよ。
自分で稼ぐようになってからになさい(笑)
by: うにゃ | 2007/10/21 17:35 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。